ごあいさつ
 
     弁理士 平山 俊夫 

  私が特許事務所を開設以来20年が経とうとしていますが、この間、
モットーとしてきたのが、「自由な発想を大切に」ということです。
発明者は、多くの場合、現在の技術に不満をもち、その問題点を解
消しようと従来の枠組みにない新たな発想をすることから始めると
思います。
その発想は、いきなり解決策を見い出すということより、寧ろ多く
は、一旦出発点に戻って問題点を練り直し、失敗や試行錯誤を繰り返
し、その過程において新たな着想、発想が得られるのではないでしょ
うか。
こうした意味での、自由な発想であり、それを得ることの難しさで
あり、それを守り、育てていくことの大切さであると考えています。
みなさまの自由な発想に基づく知的財産を守り、育てていくことに、
今後とも精一杯努力していきたいと考えています。


経 歴


・宇都宮大学客員教授
・日本弁理士会関東支部副支部長
・日本弁理士会知的財産支援センター発明展審査委員
・栃木県地域技術改善費補助金事業計画評価審査委員
・栃木県テクノモール補助事業審査委員
・宇都宮市・商工会議所・発明協会発明相談委員
・栃木県商工会連合会エキスパートバンク工業所有権専門指導員
・栃木県中小企業団体中央会個別専門指導員(知的所有権)
・その他